公益社団法人 青少年健康センター

公益社団法人青少年健康センターは、
不登校やひきこもりといった若者の心の問題に、
精神医学や心理学の視点からケアを行っている、
営利を目的としない団体です。
「青少年」や「若者」というと少し堅苦しいかも知れませんが、
10代から40代の方を中心に、対人関係や学校・職場になじめない
苦しみを抱えた方の総合的支援活動を行っています。
また、本人だけでなく、そのご家族や、
広く一般の方のための活動も行っています。※内閣府所管

法人概要

活動を支える 当法人は、精神科医、臨床心理士を中心とした専門家等によって活動を行ってまいり、
2015年に創立30周年を迎えました。2014年度より公益法人化を達成し、
次の5事業が公益事業として認定されております。
  1. 相談・居場所支援事業

    ひきこもり等生きづらさを抱えた若者たちの相談・居場所活動を通した自立支援事業です。
  2. 社会参加準備事業

    ひきこもりの若者が社会参加へ向かうための一連のプログラムを実施します。
    座学やグループワークを行い準備を整え、職場体験やジョブトレーニングなどの場を提供します。
  3. 思春期カウンセリング講座

    保護者・ご家族、支援者に思春期・青年期を対象とした実践的カウンセラーの養成と併せ、 親のカウンセリングマインドの涵養を目指します。
  4. 実践的ひきこもり講座・シンポジウム、講演会の実施

    保護者・ご家族、その支援者に精神科医の齋藤環氏( 法人参与、筑波大学教授)による講座や、 青少年健全育成をテーマにシンポジウム等が開催されます。
  5. クリニック絆

    若者層の自殺者を予防するための電話相談および精神科医による電話・面接相談です。
活動を支える

ごあいさつ

会長・齋藤友紀雄と事務局長・時盛昌幸の写真

会長・齋藤友紀雄
からのご挨拶

 青少年健康センターは、7 0 年代から8 0 年代にかけて発生した深刻な思春期・青年期の危機的な実態を憂えた故稲村博( 筑波大学教授)が、各方面に幅広く呼びかけ、その結果結集した研究者や若者支援の活動家たちによって1 9 8 5 年に開設されました。
 まず若者支援の中核は「茗荷谷クラブ」ですが、最近、世田谷区より委託を受けた「メルクマールせたがや」がこれに加わりました。その他相談支援や社会参加支援などもあります。また保護者対象の「ひきこもり」支援講座、思春期講座、さらに社会一般への啓発活動としての講演会・シンポジウムが毎年開催され、その記録はそのつど出版されています。
 なお日本全体の自殺者数は減少傾向にありますが、若年層の自殺者は増加傾向にありますので、2 0 1 2 年から自殺を含む若者たちの危機を支える「クリニック絆」を開設しました。
 どうか上記の施設や講座をご利用くだるとともに、ボランティアとして、またご寄付をもってこの事業を支えてくださるよう、こころからお願い申し上げます。

事務局長・時盛昌幸
からのご挨拶

 青少年健康センターは、2 0 1 4 年に内閣府より公益社団法人としての認定を受けることができました。これもひとえに、皆様の暖かいご支援とご指導のたまものと、深く感謝致します。私どもは、全国でおよそ4 千の法人の中で、わずか2 0 0の法人のみが認可された、所得控除に加え税制控除によるご寄付を募ることができる公益社団法人であります。これにより、従前に増して多くのみなさまからのご寄付を頂戴できる体制を整備することができました。
 また今回の公益法人化を契機とし、法人組織体制を刷新致しました。新しい組織においては、責任と裁量権の明確化、法人経営と支援サービスの分離による経営の効率化を目指し、公益社団法人として求められるコンプライアンスとアカウンタビリティーに対応しうる体制作りの基盤が構築できたと考えております。新しい組織体制におきましては、法人運営管理機能を担う「法人事務局」と、支援サービスを担う「相談居場所事業部門」「クリニック絆事業部門」「普及・啓発事業部門」「委託事業部門」の4つの事業部門により組織運営を行って参ります。
 青少年健康センターは、我が国の若者支援のパイオニアとして、職員一同より一層の研鑽に努め、皆さまのご期待にお応えできる活動を継続して参ります。引き続きましてのご支援、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
活動を支える

組織(組織図/理事一覧)

組織図

理事一覧

■ 会 長
齋藤 友紀雄
日本自殺予防学会理事長
■ 副会長
関川 俊男
関川情操教育研究所所長
■ 監 事
菊池 章
医療法人白翔会  浦和神経サナトリウム院長
佐藤 彰
元千代田化工建設(株)
■ 理 事
近藤 卓
山陽学園大学教授
藤堂 宗継
医療法人社団雄心会山崎病院
倉本 英彦
医療法人社団北の丸会理事長
岩佐 壽夫
家庭ケースワーク研究所長
井利 由利
茗荷谷クラブチーフスタッフ
時盛 昌幸
事務局長
活動を支える

沿革

青少年健康センターの歩み

1985年
青少年健康センター発起人会 (代表平野龍一氏)
1986年
支援の会設立総会
1987年
カウンセラー養成講座開設(現 思春期カウンセリング講座)
「青葉台ハウス」開設
1988年
「茗荷谷クラブ」開設
1989年
事務所移転 茗荷谷三軒町ビルへ
1990年
第1回シンポジウム「21世紀に向けての青少年の育成」開催
青少年健康センター社団法人設立認可取得
1991年
「相談的家庭教師派遣」開始
1993年
「ビル清掃アルバイトチーム」スタート
1995年
創立10周年記念シンポジウム-21世紀の青少年問題―その展望と課題
「創立10周年記念式典」開催
1996年
斎藤友紀雄氏副会長代行就任
1998年
「実践的ひきこもり対策講座」開講
2002年
「社会参加準備グループ」活動スタート
2004年
臨時理事会開催。会長に斎藤友紀雄氏、
副会長に佐藤悦子氏を招く
2008年
講演会・シンポジウム「青年期の攻撃性-“こもる”と“きれる”-」
2010年
関川俊男常任理事が副会長に選任され、就任
2011年
東京都青少年治安対策本部「東京都若者社会参加応援事業」の
「No2自宅以外の居場所活動(フリースペース)」および
「No3社会参加準備支援事業」の登録団体に茗荷谷クラブが認定
無料の電話相談「クリニック絆」開設
2014年
内閣府より 「公益社団法人青少年健康センター」への
移行の認定を受ける
文京区より 「ひきこもり等自立支援事業」及び
世田谷区より 「若者総合支援センター運営業務」の
委託事業を受託。
2015年
青少年健康センター創立3 0周年記念式典開催
2016年
台東区より「若者育成支援推進事業実施委託」を受託
集合写真1 集合写真2 集合写真3